いっしょに子どもを育てよう

夫婦で一緒にがんばろう。そう思えるまで10年かかった私たち。子どもって十人十色、夫婦の在り方もそれぞれ違う。だからみんな日々悩んでいる。それならみんなで「一緒にがんばろう」

子育て声掛け失敗あるある①

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



 

子育てに成功も失敗もないと思うのですが

子どもに対する声かけとして

これはいけなかったな

ちょっと違ったな

と思う時ってありませんか?

 

何度注意してもやめない時

何度言っても伝わらない時

 

いいかげんにしなさい!

 

 

おもわず

そう声に出てしまうことがあります。

いや、しょっちゅうかもしれません。

 

よく言いがちなフレーズですが

何が失敗なのでしょう。

それは

 

怒りの感情が先走って

叱る内容が伝わらない

 

ということです。

 

突然大きな声を張り上げて

「いいかげんにしなさい!!」

と言えば

誰でもビックリして手を止めます。

しかし

子どもからしてみれば

何のことを言っているのか

何が問題なのか

それがさっぱり伝わらないまま

ただただ叱られた

という事実が残るのです。

 

いいかげんにしてほしい

ということは

言い換えると

これ以上はやり過ぎだよ

ママはもうたくさん注意したよ

ということではないでしょうか。

そうストレートに言うだけで

「いいかげんにしなさい」

と叱るよりも

子どもの耳に入りやすいはずです。

 

 

出発時間になっても

いつまでも動かない子に

 

「いいかげんにしなさい!

置いていくからね!!」

 

よりも

 

「もうあと10秒数えるから

それまでに頑張って支度しよう!」

 

と猶予と制限時間を設定して急かしたり

 

ゲームやTVを切り上げられない子に

 

「いつまで遊んでるの!?

いいかげんにしなさい!」

 

よりも

 

「◯時になったら終わりにするよ。

そしたらご飯にしよう/

そしたら電気を消して布団に入るよ。」

 

と区切りの目安と

次にやることをアナウンスして

終わりを意識させます。

 

どうしても咄嗟の一言で

いいかげんにしなさい

が出てしまう場合

子どもを叱るストレスと

他のなにかによるストレスが

かなり溜まっているかもしれません。

自身のストレスの原因は何か

振り返る時間を持ちたいですね。

 

 

叱る行為というのは

相手の良さを分かっているからこそ

出来るといいます。

 

叱る怒るは違います。

親として

そこをもう一度

見直したいですね。

 

  1. 何を・なぜ叱るかを明確にする
  2. 落ち着いて話す
  3. 短く話し、叱ったあとは「以上!」「おしまい!」とさっぱり切り上げる

 

あとに余韻を残さず

叱る空気を引きずらないことで

親も子どもも上手く切り替えられます。

忙しい日々で

つい感情的になってしまうことは

誰にでもあると思います。

必要以上に我が子を強く叱ってしまったとしても

自分を責めすぎず

次は落ち着いて接しよう!

という前向きな気持ちで行きましょう。

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

戦いの中では育たない人間関係

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



目次

 

 

人の気持ちの根底は

とある海外の調査で

事実婚や離婚済み問わず

カップルに関する調査が行われ

集まったデータから分かったこと。

 

それは人の

 

誰かと深く関わりたいという気持ち

 

自由を求める気持ち

 

 

この2つの思いが強いということでした。

 

 

最高の友人関係にも

最高の夫婦関係にも

この2つのバランスの良さが

重要なのだと分かったのです。

 

うまくいっていた人間関係が崩れ始めるのは

このバランスが崩れ始めたときです。

片方の束縛が強かったり

自由が制限された関係では

良い関係を維持できないといいます。

繋がってもいたいけれど

縛られず自由でもありたい。

人間は本当に困った生き物ですね。

 

 

さて

パートナーや友人との関係において

自分は相手の自由を奪っていないか

相手から自由を奪われていないか

考えてみましょう。

 

 

人には3タイプの支配がある

自己主張型支配

いつも行き先を決めている

会話の中でよく相手の間違いを指摘する

ユーモアに見せかけて相手をけなす

自分の知らない話題は心底つまらない

 

 

このタイプの人は

プライドが高く

相手に弱みを見せられず

常に心に不安感を抱えているのです。

 

 

 

悲観型支配

よく体調を崩す

人に心配されると安心する

誰かと居ないと落ち着かない

 

 

これは

自分の弱みを常に見せ続けることで

相手の関心を自分だけに向けさせ

縛り付ける支配のタイプ。

 

 

包容型支配

人の役に立つのが生きがい

呼ばれればどこへでも飛んでいく

遠慮されるのは絶対にイヤ

 

 

このタイプは

本人が依存している

というより

相手を自分ナシではやっていけない状態にし

こちらに依存させることで

相手をコントロールしようとしています。

 

 

人間関係でのタイプ別支配

あなたは心当たりありましたか?

 

 

深い関係を心地良いものにするために

一緒に居ることで

大切な人を縛り付けたり苦しめるのは

出来れば避けたいものです。

心地よく一緒に居られる工夫は

今日からでも出来ることばかりです。

 

批判の言葉は慎重に

誰かを批判するとき、心苦しくなるのなら批判してもいい。ただ、少しでも喜びを覚えるような場合は口を閉じるべき。

 

相手を受け入れる言葉を使う

賛成も反対もせず、まずは相手の話に耳を傾ける。すると、それだけで相手を受け入れる姿勢になる。

 

相手の個性を認める

常識や一般論だけでは人間関係は平行線。互いの個性や基準を知り、認める。ただし、「私は私、あなたはあなた」では「勝手にどうぞ」と変わらないので、自立と助け合いのさじ加減はいつも見直す。

 

たまには一人きりにさせてあげる

どれだけ親しい間柄であっても、個々のプライバシーという見えない距離があり、それを受け入れて寄り添えると、親子・夫婦・きょうだいの居心地よさが分かる。

 

自分以外との関係づくりを肯定する

夫婦で趣味がてんでバラバラなのに、わざわざ無理してどちらかに合わせる必要はない。自分以外の他の誰かと過ごす時間のおかげで、良い風が入ってくる。

 

人間関係は変わるものと心得る

人は成長し老いていく生き物。いつまでも子どもではないし、依存だけでは生きていけない。同じ日が二度とやってこないのと同じで、人間関係も大なり小なり日々変化するもの。

 

 

 

この考え方は

子育て中の私にとって

教訓になるものばかりです。

夫婦関係を改善・維持するのにも

もちろんとても役立ちますし

子どもと自分に当てはめてみると

しっくり来るものばかりです。

否定ばかりしていては

逆境に立ち向かう勇気を育めませんし

いつまでも赤ちゃん扱いしていては

自立は一生できません。

親として

いつもさじ加減に迷いながらも

子どもの成長の速さに

こちらが置いて行かれないよう

心地良い距離感を考えながら

見守っていきたいものです。

 

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

好きな人には カルピスソーダを。ときめきとハラハラと。

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。

ポンポン ポポポンッ

 

ぴよもんち家では

春夏秋冬

季節を問わず

愛され続ける飲み物があります。

 

 

 

そう

 

カルピス

 

monchi5-kids.hatenablog.com

 

 

とある高校では

告白のときに

カルピス…ではなくて

カルピスソーダを渡すのだそう。

 

 

カルピスといえば

甘酸っぱい青春の味。

    ×

ソーダといえば

シュワシュワの炭酸。

 

「どうか私をふらないで」

 

そんな思いが込められているのだとか。

 

はぁ~~~~ぁ

甘酸っぱいですねぇ!!

 

30代になってから

ときめきや甘酸っぱい気持ちとは

どんどん縁遠くなっていくばかりです。

その代わりに

ヒヤヒヤ

ハラハラ

バクバク

なんて日常茶飯事。

原因の8割は大体子どものことです。

 

そんな中で

時々訪れるときめきがあります。

 

ぴよもんち家の住む地域は

春のお祭りが多く

去年から本格的に祭りや行事が再始動し

今年もやってきた祭りの季節。

夜暗くなってから家を出て

みんなで会場へ向かうというのは

いつもの日常とは違って

子どもも私もワクワクです。

 

いっちゃんたちは学校の友だちと合流し

楽しそうに人混みに紛れてお別れ。

残ったよっちゃんと

ベビーカーのごっちゃんを連れ

花火の近くまで行ってみます。

 

地元の小さなお祭りの

適度に賑わう雰囲気と

場所取りなんてしなくても

割とどこからでも綺麗に見えちゃう

アットホームさが好きです。

手筒や打ち上げ花火を

目の前で大迫力で見られるので

大人も子どもも

おもわず

「わぁ〜〜〜〜!!!!」

と歓声をあげ拍手喝采です。

 

 

色とりどりの花火を

みんなで一緒に見つめ

春の夜風を感じます。

そんな瞬間に

ときめきを感じるのです。

 

そろそろ帰ろうか…

というタイミングで

さんちゃんが口をへの字にして戻ってきました。

 

さ「…………………………………………」

 

ぴ「さんちゃんお帰…り!??

どしたの!!!!」

 

さ「おにごっこしてたらすべってころんだ…」

 

ぴ「うわ〜…見せて…」

 

真っ暗な中で転んでしまい

うまく手がつけなかったよう。

スマホのライトで照らして確認すると

両ひざから大量出血し

右ひじ、ついでに顎も擦りむいていました。

ぴ「泣かなかったんだ…えらいじゃん。

さんちゃんは強いねぇ」

苦笑いしながら手当てしてやると

無言で花火を見つめるさんちゃん。

 

きっともっと遊びたいのでしょう。

でも痛くて動けなくて悲しいのでしょう。

これでお風呂にどうやって入ろうか

考えているのかもしれません。

 

傷が心配だったので

早めに切り上げて帰ろうと促すと

頑なに帰りたがらないので

さんちゃんの気が済むまで花火を見て

いっちゃんたちを見つけて

みんなでのんびり帰りました。

 

 

ときめきのあとのハラハラ。

子育てあるあるですよね。

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

子どもについ イライラしてしまう原因④

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



 

 

育児ストレスを感じる原因④

今日はこちら。

いろいろな神話へのとらわれ

 

についてです。

 

子育てにまつわる神話はいろいろありますが

特によく聞くものは

 

女性にはもともと母性が備わっている

ミルクより母乳育児がいい

3歳までは家庭保育がいい

 

など世の中に強く浸透していて

育児において重要視されている神話。

 

0か100か

良いか悪いか

というのは

本来の子育てでは

好ましくない価値観ですが

上の例はまさに0か100かです。

 

産んだ瞬間から母性を感じられなければ

母親失格でしょうか?

母乳でなければ

子どもは育たないのでしょうか?

3歳前に保育園に預け働き始めたら

子どもは社会に適応できないのでしょうか?

 

そんなことはないはずです。

 

子どもをうまく愛せなくて

悩みながら育てるママの姿も

申し訳ないと思いながら

ミルク育児で頑張るママの姿も

0歳から保育園に預けて

毎日職場と保育園の行き来をするママの姿も

頑張る母親の素敵な姿であり

子どもはよく見ているはずです。

 

母性や母乳育児

幼少期の親との密接な関りなど

どれも言葉のイメージが

とても良いことにお気づきでしょうか。

 

この強すぎる良いイメージ

そのおかげで

逆の行動は必然的に悪いイメージなわけです。

 

「良いお母さんでありたい」

そう思う人ほど

子育て神話に縛られ

がんじがらめになりやすいと言います。

そして育児でつまずくたびに

「もっとスキンシップを取っていれば」

「母乳で育ててあげられていたら…」

と自分を追い詰めて

外に悩みやストレスを

上手く吐き出せなくなってしまうのです。

 

 

 

しかし本来は

子どもは夫婦で

地域で

社会で育てていくもので

親はその第一責任者か社長

と考えて

もっとドンと構えて育児をして

いろいろな意見を取り入れて

試行錯誤していけばいいものだと思うのです。

決してお母さん1人が

一つ一つに丁寧に責任を感じて

ネガティブ思考になることは良くありません。

 

社長なら社長らしく

「この方法ではわが社は潰れてしまう!

軌道修正だ!

みんな、協力を頼む!!」

と気持ちを切り替えていけることが

最小限のストレスで育児するコツです。

 

まだまだ子育て神話の力は根強く

親や知り合いからの何気ない言葉に

落ち込む日々はあるでしょう。

しかし

社長ですから

いつまでも

ただ落ち込んでばかりはいられません。

ここらで

全部の意見を真に受ける

ということに見切りをつけて

子どもと自分がどうしたいか

心の声に耳を傾けて

オリジナリティを出して

子どもと向き合ってみましょう。

 

育児の悩みは尽きませんが

我が子を想って決めたものが

きっと

その時その場所での

最良の選択なのです。

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

子どもについ イライラしてしまう原因③

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。

 

みなさんは

自分自身の育てられ方の影響

って深く考えたことありますか?

 

 

 

子どもを必要以上に厳しく叱ってしまう

というお母さんの背景には

お母さん自身が

幼少期に同じように

厳しく育てられた経験があるといいます。

 

これはどの親も

自分の親が最も身近な子育ての手本

ということに基きます。

 

自分が育った環境で体験

経験した価値観や方針を模範に

子育てをしていくのです。

 

子育て中のフレーズで

「ウチはウチ、よそはよそ!」

と言うことがありますが

それは親の幼少期の育てられ方と

現在の我が子の育て方にも

当てはめることができます。

自分がこう育てられたから

我が子にもこの教育方針を!

というのが必ずしも正しい

とは言えないのです。

 

叱ったあとに

自己嫌悪に陥ってしまうお母さんは

なかなか叱り方を変えられず

悩んでいたりします。

 

そんな時まずは

自分の言動が

誰に似ているか振り返ってみます

 

実母と口調が似ていたり

物事の基準が全く同じとふと気付き

ドキッとしたことはありませんか?

 

私はまさにこれで

母親譲りの口調

母親譲りの叱り方

母親譲りの子育て観…

思い返せば思い返すほど

母親そっくりでした。

 

冷静に振り返ってそのことに気付くまで

少し年月が経ってしまいましたが

自分の育児が母親からの影響を

強く受けていると分かってから

見方を変える意識をするようにしました。

 

自分の母親=子育ての正解

とは限りませんし

幼少期に「こんな言い方されたくない!」

と思っていた口調で

今、我が子を叱っていると自覚し

自分にショックを受けたりする日常を

変えたいと思ったからです。

 

私の場合は

夫が私と真逆の育ち方をしていたおかげで

「これが普通とは限らない」

と常に考えさせられる環境だった

というのが大きいです。

そう考えられるようになるまで数年

実母の価値観が絶対正しいと思っていて

夫が何に違和感を抱くのか

当時は全く分からなかったので

もちろん夫婦喧嘩は日常茶飯事でした。

 

それが段々「違うのかも?」

と思うようになり

夫の意見に耳を傾けられるように。

すると育児の視野が広がり

夫を以前よりも頻繁に頼るようになり

今では夫婦で話し合いながら

子育てが出来るようになりました。

 

 

自分が生まれ育った環境は

人生の基盤になりますし

その人の性格や価値観に

良くも悪くも色濃く影響を与えます。

長年染み付いたものに

全く違うやり方や

価値観を提案してくれる

という夫婦関係は

育児ストレスの突破口になる場合が

実はけっこうあるわけです。

育児において

いちばん身近で頼りにしたいのは

やっぱり親ではなくパートナーですから。

 

 

 

まずは自分の価値観がどこから来るものか知り

必ずしもそれだけが

最良の育児方法ではないこと

何通りものやり方があっていいこと

を受け入れてみましょう。

そしてその感覚を

ぜひパートナーと共有してみましょう。

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

子どもについ イライラしてしまう原因②

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。

雨上がりは 七色の虹が見たい



 

世のお母さんの8割くらいが

「子どもがかわいく思えない時がある」

という気持ちに共感しているといいます。

 

その中で

「イヤでイヤで必要以上に叩いてしまう」

という意見が

一定数あるそうです。

 

では

そこまで思ってしまうお母さんが

どんな状況で子育てしているのか?

 

 

  • 夫の帰宅が遅い
  • 家事育児に協力的でない
  • 近くに友人がいない
  • 親に頼れない

 

などの内容が多く

一番身近なパートナーはもちろん

親しい人からの支援が受けられていない

という共通点があったのです。

 

 

ある一説によると

人は

誰かと一緒に子育てしたい

という本能的な欲求がある生き物であり

孤独の中で育児をすると

精神状態が不安定になりやすい

と言われています。

 

私のブログ名

「いっしょに子どもを育てよう」

自分がまだ未熟で

独りでも頑張って育てなければ!

と思っていた頃に

誰か一人でも

こう言って声をかけてくれたら

救われただろうな

という想いから付けました。

だって

独りで子育てって

百害あって一利なしなんです。

5人を産み育てるまでに

それはもう色々ありましたから。

私も今よりうんと頑固で几帳面でしたし

夫の森くまも以前は仕事人間で

家事育児は女の仕事と思っている人でした。

それが今ではすっかり変わり

私はいちいち気にすることをやめ

森くまは我が家専属シェフになり

互いの長所と短所を認め合い

”二人で一緒に子どもを育てている”

と心から思えるようになりました。

 

素人の書くブログなので

読みづらく至らない点も多いと思いますが

子育てに悩めるあらゆる世代に

「一緒に頑張りましょう!」

と思いながらいつも書いていますので

少しでも届くと嬉しいです。

 

 

話を戻しまして

どういう状況が

一緒に子育てをしているかというと

とある調査結果によると

妻が「夫は良い父親」

と認識しているほど

夫婦関係が良好なのだそうです。

 

この

「良い父親」と思う背景には

家事育児に積極的である

ということに留まらず

妻にとって精神的支えとなっているか

というのも大きな要素の一つのようです。

 

精神的支えとなるには

日常的に夫婦の会話が自然にあるとか

一緒に子どものことで悩んでくれるとか

妻の言葉にいつも耳を傾けてくれるとか

いろいろなことが含まれると思います。

 

正直

最初からどれも出来てしまう男性は

少ないと思うのです。

今は女性も働く時代ですが

だからといって男性が

働かない時代にはなっておらず

夫も仕事で疲れている中で

妻を気にかけるわけです。

夫婦どちらも心の余裕がないと

難しいと思ってしまいます。

 

これからは

子育ても

仕事も

夫婦で兼任していく時代ですから

夫婦間でのコミュニケーションが

今まで以上に必要不可欠です。

たまには子どもを預けて

二人だけの時間を作るところから

始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

子どもについ イライラしてしまう原因①

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。

コンクリートロード♪ どこまでも~♪

 

最近よくたけのこを頂くので

週4くらいで食卓にたけのこがあります。

たけのこ大好きなつーちゃん。

「あー、たけのこ噛まずに飲み込んじゃった。

噛みたかったなあ〜。

けっこう大きいやつだったのに」

 

噛み締めて味わって食べる予定が

間違えて丸呑みしてしまって

残念そうでした。

 

こんなおもしろ可愛い我が子。

重い体とつわりに耐え

お腹を痛めて産んだのに

なぜいつも

イライラばかりしてしまうのだろう?

 

そう思ったことはありませんか。

 

 

どんな親も

可愛いはずの我が子に

イラッとしてしまうのですから

育児って不思議ですね。

 

そのイライラの原因のひとつが

 

考えていた予定が

くずれてばかり

 

というものです。

 

 

大人になると

先を見越して

また

前もって

日々活動しています。

 

それが

子育てとなると

そうはいきません。

 

我が子の相手をしながら

合間を縫って家事をしたり

上の子の相手をしつつ

下の子の準備や授乳やオムツ替え。

同時に複数のことを

1人で進めなければいけません。

 

このときの親の脳内は

とても激しく慌ただしく動いているのです。

 

慣れてくれば段取りが良くはなりますが

決して楽になるわけではありません

 

無意識に効率よく回せる思考が出来上がっても

脳内は常にフル回転です。

 

フル回転は疲れます。

ずっと続けては倒れてしまいます。

 

そこへ

さらに子どもが

イレギュラーを起こして

一気に見通しが崩れてしまうのです。

すると

もう頭の中は大パニックです。

 

どうしたら良いものかと追い詰められ

最終的に子どもに怒りをぶつけてしまいます。

 

 

この状態に対処するためには

親の予定の立て方を見直します

 

予定通りにいかなかったり

度々中断されるのは

誰でも強いストレスになります。

 

なので

子どもが幼いうちは特に

「予定は崩れるもの」

と考えを改めてみます。

 

きっちり過密スケジュールになっていないか

もし予定が崩れた場合どうするか

事前に見直しておくのです。

 

 

 

私はいっちゃんを産んだ頃

まさにこの

予定通りにいかないストレス

脅かされていました。

 

初めての我が子で

可愛くて愛おしいはずなのに

「こんな予定じゃなかった!」

という日々に

だんだん疲れていきました。

 

こちらがせっかく

公園や児童館へ行こうと思っても

子ども本人がその気になるまで

全部に付き合っていると出発が遅れ

結局行った先で昼寝やご飯の時間と被り

グズグズの大暴れ

 

とか

 

友だちと子連れランチ!

と楽しみにしていた日に限って

急な発熱や体調不良でキャンセル

もしくは

寝てしまったところを無理やり起こして

超絶不機嫌のまま連れて行って大後悔

 

なんてことは

よくありました。

 

今思えば

自分の都合第一で

子どもに寄り添えていない時にこそ

トラブルやイレギュラーが起こり

イライラが爆発していました。

5人育てながら思うのは

自分は思った以上に予定を入れがちで

思ったより心が広くなくて

遥かに要領が悪くて

ぜんぜん上手くできていないけど

誰よりも子どもたちが愛おしい

ということ。

 

自分一人なら

コップ一杯分くらいの

心の余裕があれば

事足りるところを

子育て中は

東京ドーム5個分くらいの

心の余裕が必要なんだと

今になって思います。

(子ども1人に対し東京ドーム1個分計算)

 

その大きな余裕を手に入れるために

仕事で一時だけでも子どもと離れたり

パパや親の協力のもと

定期的にママを思いきり休んだり

自分の趣味に子どもを付き合わせて

一緒に楽しんでしまったり

いろいろな方法で

世のママたちは

育児ストレスと戦っているわけです。

本当に本当に

日々頑張っているママさんたち。

自分を褒めて労わって欲しいと思います。

 

時間のゆとりがあるかどうかは

子育てにおいてとても重要なんです。

なので

頑張りすぎず

詰め込み過ぎず

ほどよい予定を立てるところから

始めてみるといいですね。

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング