いっしょに子どもを育てよう

夫婦で一緒にがんばろう。そう思えるまで10年かかった私たち。子どもって十人十色、夫婦の在り方もそれぞれ違う。だからみんな日々悩んでいる。それならみんなで「一緒にがんばろう」

いまの子育て世代にとってなぜ 「育児=大変」なのか?

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



 

 

どうしても働き過ぎの国、日本

子育て支援

という言葉はよく聞きますが

具体的な課題は何でしょう。

 

ずばり

親の労働時間の長さ

ではないでしょうか。

 

先進国の中でも

日本と韓国が労働時間を

競い合うほど長いといいます。

 

かたやヨーロッパは

80年代から労働時間の短縮が

打ち出されてきました。

それには

こんな理由があります。

 

 

核家族化した中で子育てするには

母親を筆頭に比重が重い

子育てが母親ひとりにのしかかると

母親が大変なので

母親のメンタルヘルスが損なわれ

それが子どものメンタルヘルスを奪っていく

これではまずい

父親を家庭に帰さないと

子どもが育たない

母親がおかしくなる

父親を一刻も早く

家庭に帰そう!!

 

時代と共に

子育てへの認識が

こう変わっていったようです。

 

日本とヨーロッパ

とある書籍によれば

今ではヨーロッパの保育園は

午後4時半に閉園するし

迎えの親は高確率でパパなのだとか。

 

 

毎日8時間働くと

1年間で約2000時間

ドイツやフランス、オランダなどは

年間労働時間が1500時間を切る

というのですから驚きです。

日本人がどれほど働き過ぎか

小学生でも分かるくらい

明らかな差がありますね。

 

ヨーロッパの国では

平日夕方には両親が帰宅し

家族の時間がしっかり持てます。

裕福でなくても

普通のサラリーマンは

夏に1ヶ月のバカンスを取り

家族との時間を過ごすのだそうです。

贅沢するという意味合いではなく

家族と近くの公園や

公営の別荘へ安価で行ったり。

日本では

まるで夢のようなお話ですね。

 

この

家族時間を優先する

という考え方が

日本でなぜ出来ないのかというと

やはり賃金の低さと物価高騰のアンバランスさ

だと思うのです。

 

 

ちょっと納得いかない現実

ドイツは日本より短時間労働なのに

実は給料は日本より高いのです。

そして悲しいことに

日本のサラリーマンの給与は

世界で唯一降下しています。

なぜなら

日本の企業は世界で最も

内部留保

(儲けを設備投資や賃金として還元せず溜め込むこと)

をしている国だからなのです。

 

そりゃあ

会社が潰れてしまっては

元も子もありませんから

余力は残すべきだと思います。

しかし

わざわざ世界最高額を溜め込む必要は

…ないのでは?

と思ってしまう一般ピーポーの私。

 

私はドイツを訪れたことはありませんし

もちろんドイツ語もしゃべれません。

それでも

上のデータを知ってしまうと

ドイツの方が

うんとライフワークバランスの自由度が高く

夫婦で地域で手と手を取り合って

子育てと仕事を両立して

のびのび暮らせそうだな

と思ってしまいます。

 

最近の日本では

パパがベビーカーを押す姿

パパが抱っこ紐を着けて歩く姿

パパが公共のトイレでオムツ替えする姿

パパが子どもの送迎をする姿

などが当たり前に見られるようになりました。

それでもパパの労働時間は昔と変わらなくて

保育園に預ける時間は短くなるどころか

むしろ延びるばかり。

なぜだか夫婦の負担は増えていき

子どものメンタルへの影響まで心配されるほどに。

結局親は自分時間もままならず

両親そろって疲れてしまう…

なんてことも珍しくありません。

 

どうしていったらいいのだろう?

ぴよもんち家は

夏に家族で1ヶ月のロングバケーション

なんてしたら大赤字です。

この先もし

日本の夏休みが

親と子どものための最高の1ヶ月になったら

したいことや行きたい場所は

たっくさんあるのになあ…なんて。

 

今の日本で会社勤めでは

それは遠い夢だと分かっています。

なので我が家はチームワーク重視!

まず第一に

夫婦のコミュニケーションを大切にしています。

 

お互い仕事と家事育児にヘトヘトになって

心身に余裕がないときでも

普段からコミュニケーションを取っていれば

パートナーと話し話され聞き聞かれる

その習慣が精神安定剤になってくれます。

そもそも夫婦仲良好のために

日頃から特に必要なのは

お互いの共感力と傾聴力だと思います。

相手の気持ちに共感し

相手の話すことに頷いて聞く姿勢は

あなたを受け入れています

という気持ちを態度で示してくれます。

すると相手も

初めは愚痴っぽかった口調が

だんだん柔らかくなったり

あれこれ話が飛んでいたのが

一番話したかったテーマに落ち着くなど

お互いに良いこと尽くしなんです。

(我が家は私のほうが聞いて欲しいタイプなので

聞き上手な夫の森くまにはいつも本当に感謝です)

 

昔は我が家も危機だった

ちなみに我が家は

口を開けば夫婦喧嘩をしているような

思い出したくもない暗黒期が過去にあります。

森くまとひどい夫婦喧嘩を繰り返した中で

「本当にこのままでは誰も幸せになれない」

そう思ってからは

自分の欠点や悪いクセと正面から向き合い

どうしたら森くまと笑顔ですごせるのか?

それだけに意識を向けて

いろいろな本を読み漁ったり

ネットで調べて得た知識を活かして

自身の態度や言葉遣いを変えていった過去があります。

夫婦仲が良くなったのはその後からです。

 

そして今

毎日のように山を越え谷を越え

5人の子育てに夫婦一緒に奮闘しています。

私が多少の疲れや辛さを

以前より上手に乗り越えられるのは

一緒の目線で子育てをしてくれている

森くまのおかげなのだと思います。

 

最後に

いまの日本の共働きの子育ては

たしかに過酷です。

それでも

夫婦間や周りとのコミュニケーションで

ぐっと楽になることがあります。

それを最大限活用することを

過酷さから抜け出す第一歩に

してみると良いと思います。

 

うまく周りに頼ることは

恥ずかしいことでもなく

自分が頑張っていないわけでもなく

幸せに子育てする術のひとつです。

 

夫婦で言葉をたっぷり交わすことを

面倒くさがってもいけません。

(私は実体験済みなので特にそう思います)

 

明日からも

仕事に家事に育児に

毎日頑張っている自分を褒め称え

一緒にハッピー子育てライフを

過ごしていきましょう。

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

我が子に身につけてほしい16の良い習慣

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。

 

 

 

子育ては環境から受ける影響が

とても大きいと思います。

 

特に

家庭環境。

 

母子家庭でも父子家庭でも

両親共働きでも低所得層でも

子どもが自分の持ちあじ

最大限発揮して

能力開花に目覚める環境は

作ることが出来るのです。

 

それが下の

16の習慣

です。

 

 

①やり抜く習慣・・・あきらめない、やり続ける力

 

②衝動をコントロールする習慣・・・行動する前に考える、落ち着く力

③共感して聞く習慣・・・気遣う、集中する、注意深く聞く力

 

④柔軟に考える習慣・・・別の可能性を考える、違う見方をする力

 

⑤思考を思考する習慣・・・自分の思考の偏りに気付く、考え直す力

 

⑥正確さを追求する習慣・・・念には念を入れる、洗練する力

 

⑦疑問を持ち、問題提起する習慣・・・なぜ?どうして?根拠は?と問う力

 

⑧知識や経験を活かす習慣・・・思い出し、応用する力

 

⑨明晰に考え、伝える習慣・・・はっきり話す、言葉を選ぶ力

 

⑩五感でデータを集める習慣・・・感じてみる、触れてみる、感性を活かす力

 

⑪想像、創造、革新する習慣・・・ユニーク、独創的である力

 

⑫世界の神秘と発見を楽しむ習慣・・・よく見る、夢中になる、とりこになる力

 

⑬チャレンジする習慣・・・リスクを冒す、勇敢である、冒険する力

 

⑭ユーモアを見つける習慣・・・肩の力を抜く、楽観的になる力

 

⑮共に考える習慣・・・協力する、共に学ぶ、持ちつ持たれつの関係を作る力

 

⑯常に学び続ける習慣・・・変わり続ける、興味を持ち続ける力

 

 

 

遺伝や

経済的豊かさだけが

可能性を決めるわけではありません。

その子の人生を決定づけるのは

習慣力の有無ではないでしょうか。

 

上の16の習慣は

有能な家庭教師を付けたり

評判の良い学校に入れるだけで

身に付けられるわけではなく

やはり

親や身近な大人たちが

どのように関わってきたか

という習慣が最も大きく作用するのです。

 

まずは

今の自分(親自身)が

16の習慣のいくつ持ち合わせているのか?

そんなところから

向き合ってみるのも

大切かもしれませんね。

 

ちなみに私ぴよもんちは

⑩⑪⑬あたりは

子どもの頃から持ち合わせていて

②③あたりは

絶賛育児中の身で

毎日自分自身のキャパと葛藤しております。

⑯に関しては

この年齢になってやっと

学ぶ環境が整っている有難さを

強く実感するようになったので

今の自分に最もグッと刺さりました。

 

 

皆さんはいかがでしょうか?

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

いま一度、自分を眺めてみる

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



 

人のどこを見れば

何が分かるのか?

 

こういう格言があります。

 

性格は「言葉遣い」

生活は「体」

本音は「仕草」

美意識は「爪」

清潔感は「髪」

気配りは「食べ方」

芯の強さは「声」

ストレスは「肌」

落ち着きは「足」

人間性は「弱者への態度」

 

慌ただしい日常の中で

忘れてしまいがちな

自分と向き合う時間

この格言と照らし合わせて

今の自分を見つめなおしたいな

なんて思います。

 

 

 

 

 

夏の日没どき。

夜7時を過ぎた頃

よっちゃんが外を眺めて言いました。

 

「近くで見ると赤い!

遠くでみると青い!

わぁ〜、まほうだね!!」

 

大人になると

日が沈むことは当たり前の日常で

不思議を感じることなんてありません。

きれいだなあ

と思いを馳せはしても

初めて見たかのように

感激することは少ないものです。

 

初心、忘れるべからず。

当たり前に対して

純粋に感動する気持ちって

素敵ですよね。

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

 

深イイ子話(こばなし)③

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



今日は深イイ子話ラストです。

ご家庭の様子と

ぜひ照らし合わせてみてくださいね。

 

 

今は

ものに困らない時代です。

その有り難みを噛みしめて

ものを大切にできる子どもが

どれだけ居るでしょう。

 

 

そして

いくらものが揃っていても

心が整っていなければ

上手に使うことはできないと思うのです。

 

 

【家庭と子ども】

心の豊かな家庭には 思いやりのある子

笑いのある家庭には 明るい子

話し合いのある家庭には 落ち着いた子

励ましのある家庭には 自信のある子

 

 

 

冷たい家庭には いじわるの子

不和の家庭には 憎しみの子

批判のある家庭には 悪口を言う子

利己的の家庭には 自分勝手の子

 

 

 

 

いつの時代も

いくつになっても

子は親の鏡

なのですよね。

 

人は生まれた瞬間から

ものを豊かにすると同時に

心を豊かにすることを

大切にしなければいけないな

なんて思いました。

 

子育て期間って

単純に考えてみると

人生100年時代の

たった20%なのですが

そこには

子を授かるまでの背景や

生まれてからの濃密な期間や

手を離れてもなお

繋がり続ける親子関係という

数字だけでは表しきれない

濃い時間があるわけです。

 

だからこそ

目の前の我が子に

一生懸命になってしまうわけなのですが…

時には手を抜いても良いんだ

楽をしても良いんだ

頭では分かっているけれど

気づくと一生懸命になってしまう自分。

瞬間瞬間で

精一杯向き合おうとしている自分を

まずは優しく認めてあげたいですね。

 

 

 

 

☆お知らせ☆

このブログは主に平日毎日更新で書いてきましたが、閲覧数が平凡な数字であることを踏まえ、家族との時間確保、自分の学びに充てる時間確保のために、今後は更新頻度を減らすことにしました。

週1程度で子育てについて書いていけたらと思うので、引き続きよろしくお願い致します。

みなさんのところには変わらず毎日足を運ばせて頂きます。いつもありがとうございます。

ではでは。

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

 

monchi5-kids.hatenablog.com

 

深イイ子話(こばなし)②

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。



 

 

[子ども ないないづくし]

 

 

明るい返事は 欠かさない

誰にもあいさつ 忘れない

手伝いなんでも 嫌がらない

遅刻・欠席 めったにない

忘れもの決して やったことない

親に文句は 言ったことない

兄弟げんかも やかましくない

褒められ多くて 叱られない

勉強せよとは 言われない

こんな良い子は 滅多にいない

 

 

 

振り返れば

自分の幼少期も

こんな良い子ではありませんでした。

成長するにつれて

挨拶を恥ずかしがるようになり

手伝いよりも自分の興味に目が行き

親と何度も言い合って

きょうだいげんかも散々して。

 

そんな自分が親になって

子どもにはあれこれ求めるなんて

とても身勝手なことだと

思い出させてくれる子話です。

 

のびのび育つ

かつ

良い子に育つ

というのは

「親の思う良い子」

と違っても全然大丈夫なんです。

パパもママも

頑張りすぎないようにしましょ。

 

 

 

[育児 ないないづくし]

 

暖房効かせて 寒さがない

冷房の中で 暑さがない

おやつが過ぎて 空腹がない

歩かせないで 疲れがない

おもちゃのやり過ぎ 興味がない

テレビの見過ぎで 考えがない

何でもほいほい 我慢がない

点数以外は 関心がない

分かっちゃいるけど 行わない

これではまともに 育たない

 

 

 

ものや情報が溢れ返る現代の

子育て世代が直面する内容ですね。

整えられ過ぎた環境では

子どもの成長を

かえって妨げてしまうということを

よく考えなければいけません。

可愛い我が子には

良い環境で育って欲しい

と思うのが親ごころ。

ただ

親の思う良い環境と

子どもが望む良い環境が

必ずしも一致するわけではありません。

 

ときには

親が手出し口出しせず

泣いても踏ん張ろうとする我が子を

じっと見守ることも必要なのです。

 

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

 

monchi5-kids.hatenablog.com

 

ちょっと気の利く素敵な大人になりたい

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。


目次

 

 

 

「気の利く大人のひと言目」

って

どんなものがあるでしょうか。

そろそろいい年になってきたし

気の利くひと言がパッと出てくる

スマートなコミュニケーションの達人になりたいものです。

 

〇〇といえば…で会話は続くよどこまでも

話が上手い人というのは

沈黙もうまく使いますし

会話の中で出てきたフレーズと関連付けて

話題を広げるのが上手です。

 

さっきの〇〇っていえば、この前…

〇〇つながりで思い出したんだけど…

というように

わざわざ新しい話題を探して

会話があちこち飛び散ったりしません。

共通点から発展させて

イメージしやすい自然な流れで

話題を広げていくのです。

 

 

「ところで」は自分の言葉の後に使う

話をガラッと変えてしまうひと言です。

これを他人の話の最中に言うということは

「そんなことより」「はい、次」

というニュアンスで

話を終わらせますよ、

ということ。

話途中の相手はもちろん気分を害しますし

聞いている人も「え?」と思ってしまいます。

 

ただ

自分が話題を持ち出した場合

「ところで」と自ら話題を変えて

相手を飽きさせない工夫が出来るのです。

 

 

「つまり」は話を繋げず終わらせる危険ワード

こちらも相手の話の内容を

勝手に解釈してまとめ上げてしまうので

話が広がるどころか

終了してしまうひと言です。

使うタイミングは

しっかり見極める必要があります。

 

 

そのつもりがあってもなくても「じゃあまた今度」

「また会いましょう」と笑顔で爽やかに言って

去っていく人って素敵ですよね。

次の約束をしていなかったとしても

「また会えることを期待しています」

という気持ちが伝わり

別れ際の相手を振り向かせることのできる

素敵なひと言ではないでしょうか。

 

 

 

これでいい?→どっちがいい?

スマートな人は

相手に答えを求めるとき

自分の望む一択ではなく

比較できる二択で質問し

相手に選択肢を用意します。

これはデートでも使えますね。

相手の選択から

好みや背景を把握できる点でも

選択肢の質問は有効です。

 

 

長い説教は「以後気をつけます!」で切らせる

世の中にはいろいろな人がいます。

大勢の前で褒めたたえる人もいれば

大勢の前で大声で叱責する人も。

たった一言

その場で簡潔に話してくれれば良いのに

長々とお説教が始まってしまっては

自分も周りもたまったものではありません。

そんなとき

「はい!以後気をつけます!」

と切れ良く返すことで

相手に話の終わりを誘います。

実際に私はこのフレーズを使って

説教が早々に終わった経験があります。

そんな意図はなく素直に自分のミスだと思ったので

反省の気持ちから出た一言でしたが

振り返ってみると

上司は私のその一言で口をつぐんで

それ以上の叱責はありませんでした。

 

 

自信がなくても「どうでもいい話なんだけど」は禁句

以前のブログでこんなことを書きました。

 

monchi5-kids.hatenablog.com

 

その中のひと言

「特に意味はないんだけど」と同じです。

人は

本気でどうでもいい話なら

わざわざ話題にしたりしません。

「どうでもいい話」と切り出されて

うんうん頷いて前のめりに聞こうと思う人はいません。

 

「ちょっと聞いてほしいんだけど」

「実は話したいと思っていたことがあって」

とストレートに伝えたほうが

相手の耳にも入ってき易いはずです。

 

 

最後に

コミュニケーションスキルは

磨いておいて損はないと思います。

しかし

スキルアップに実践は必須。

当たって砕けての繰り返しです。

それでも

人生は長いですから

たくさんの出会いに揉まれて

いくつになっても成長し続けられるのが

人間のおもしろいところ

なのではないでしょうか。

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

子どもに大切な三本柱ってなんだろう?

こんにちは、ぴよもんちです。

今日も仕事に家事育児と頑張るみなさん、おつかれさまです。

 

 

子どもに育んで欲しい

三本柱があります。

 

それは

知識・情操・意志

 

 

知識の柱

頭が良い、物知り、賢いなど

学歴や成績に反映され

昔から教育面で行われてきたものです。

結果が数字や目に見える形で現れるためか

近年はこの知識の柱にのみ

子育ての注意が行きがちですが

三本のうちのたった一本に過ぎない

ということを忘れてはいけません。

 

 

 

情操の柱

思いやりや優しさ、無邪気さ子どもらしさで

昔から道徳的教育で育まれてきたものです。

幼児期に伸ばしたい

とても大切な柱と言えます。

 

 

 

意志の柱

根気強さ、我慢強さ、自分でやる力で

体育や健康の教育で

昔から培われてきたものです。

 

 

 

この三本柱のバランスが

とても大切なんです。

たった一つだけズバ抜けていても

子どもの心身が豊かになるわけではないのです。

 

賢いとは

勉強ができる

だけではないということです。

優しさとは

環境の中で育むものであり

放っておいて育つものではないのです。

我慢強さとは

主体性を持って取り組むときに

大いに試す機会となり

他人の指示を守るだけでは育たないのです。

 

 

幼児教育、英才教育などと

言われている時代ですが

子どもの心身が豊かに育つための

三本柱をぜひ頭の片隅に置いて

子育てに向き合っていきたいものです。

 

 

 

 

 

今日も頑張るあなたにエールを!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

 

monchi5-kids.hatenablog.com